その他 施工メニュー

幌撥水コーティング

オープンカーによく見られる布製の幌(ほろ)は、直射日光や、油分など様々な汚れを含んだ雨水にさらされる過酷な環境下にあります。特に紫外線は幌の劣化を進行させる大きな要因で、これをカットしなければ劣化を食い止めることができません。そこで、幌撥水コーティングです。

 幌はハードトップ(メタルトップ)よりも耐久性に劣るため、防水スプレーやワックスなどを使用してこまめにメンテナンスをする必要があります。ところが防水スプレーを使用し続けていると、幌表面に白い粉が現れることがあります。またワックスの場合は、幌が硬化したり、後に白化したりすることもあります。このようなトラブルは、防水スプレーやワックスの成分が紫外線が当たることによって変質することが原因なのです。防水スプレーやワックスを使用していない場合はさらに劣化が激しく、紫外線によって色褪せ・変色などを引き起こします。つまり、幌は紫外線からも守らなければ、劣化を食い止めることは難しいのです。そこで、幌に紫外線カット機能や撥水性能を持たせる、幌撥水コーティングです。

エンジンルームクリーニング

樹脂パーツコーティング

未塗装のパーツも、ガラスコーティング出来ます。   

最近では、未塗装部分のパーツが少なくなってきているのが現状ですが 一部の車種では、あえて未塗装部分を残す事でアクセントを与えている車もあります。樹脂の部分も、専用のガラスコーティングを施工する事で、樹脂素材本来の艶を維持できます。

白っぽくなった樹脂パーツは黒さが蘇ります。

グリルなどの樹脂パーツは劣化によって、黒さを失い白っぽくなってしまいます。黒さを失ったパーツは、見た目で車の価値を下げてしまいがちです。しかし、ガラスコーティング剤を塗る事で、黒さがしっかり復活します。

メッキモール白濁除去&コーティング

輸入車の多くに見られるウインドウモール周辺のメッキモール、またはアルマイトモールの白い染み、その正体は「アルカリ錆び」です。輸入車の多くはウインドウモールにアルミ素材をアルマイト加工したものを採用しており、アルマイト加工が耐候性・耐薬品性、特にアルカリに脆弱な性質がありモール表面を変質させることが原因です。また、一度劣化が進行するとそのスピードは速く取り返しのつかないこともあります。

国産車の多くは樹脂をメッキ加工したものが採用されているので欧州車のような「アルカリ錆び」が発生することは稀です。

硬化型ホイールコーティング

例えばドイツ製の外車の場合、国産車とは比べ物にならないほど大量のブレーキダストがホイールにこびりつきますが

ホイールコーティング施工後は、ブレーキダストやピッチタールなどの汚れの付着を抑制し、さらに汚れ落ちも簡単になります。日常のメンテナンスの手間が激減するので大変おすすめなメニューです。

ゴムモールの復元&劣化防止対策

ゴム類専用のラバー状被膜を形成するコーティング剤を施工します。一般的にゴムへの硬化系コーティングの施工は、ゴムとガラス(Sio2)の膨張率(収縮率)の違いから安定した定着力の高い被膜を形成する事が不可能でした。当店取り扱いのゴム専用コーティングは、ゴムの上に安定したゴム状被膜を形成し、撥水力と優れた防汚性によりゴムを劣化から保護することができます。施工後はべたべたせず、サラッとしたマットな仕上がりです。新車のゴムモール劣化防止対策はもちろんの事、既に劣化してしまったゴムへも適切に下地処理を施しコーティング致します。

ピラー磨き

国産車、輸入車を問わず、センターピラーにピアノブラック仕上げのパーツを使っているクルマは非常に多いです。

 非常にキズが付きやすく、しかも目立ちます。

同様に次の施工例のように樹脂ピラーを採用しているお車も、樹脂の劣化に伴う白化や水垢の付着により美観が損なわれ

とても目立ってしまいます。

しかしこれらも適切な処置を施すことにより、まるで新品のように復活させることができます。